一般財団法人 四日市港湾福利厚生協会

四日市港湾福利厚生協会|お問い合わせ

HOME > 平成30年度計画

平成30年度計画

平成30年度 事業計画

 昭和18年10月に設立された財団法人四日市港湾福利厚生協会は、平成20年12月の「新公益法人制度」施行に伴い、平成24年4月1日より、一般財団法人四日市港湾福利厚生協会としてスタートし、今年で7年目となります。
 平成24年の一般財団法人移行時点の財産は税制の優遇や寄付金の受領等の恩恵を受けるなかで蓄積された財産であり、一般財団法人移行後も公益目的事業に支出されるべきとして、公益目的支出計画の作成が義務付けられています。公益目的財産がゼロになるまで、三重県の公益法人行政の監督があります。
 当協会は公益目的財産を引き続き公益事業に使用し、四日市港で働く勤労者に対して、福利厚生の向上及び安全作業教育等に関する事業を行い、港湾の発展に寄与するよう取組んでまいります。

継続事業
1. 港湾労働者福祉センター施設運営事業
(1)
四日市第一および第二港湾労働者福祉センター
食事、休憩、研修等の場を提供する厚生施設である当センターについて、経年劣化等による不具合箇所を整備し、快適で利便性の良い施設に維持・管理してまいります。
(2)
第二港湾労働者福祉センター内に開設したコンビニエンス型売店「Yショップ」並びに四日市港ポートビル12階の喫茶スペース「Cafe port12」の運営事業を継続してまいります。
(3)
霞埠頭地区における「送迎バス」の運営事業を継続してまいります。送迎バスの利用者数は低調な推移ではありますが、利用者の意見・要望を取り入れ、利用拡大を図ってまいります。
合わせて、小・中学校の社会見学や遠足等に貸出し提供することで地域へ貢献してまいります。      
2. 訓練用施設維持管理・助成事業
(1)
フォークリフト練習場利用促進
本施設は、港湾労災防止協会四日市支部からの設置要請により、平成20年10月に設置しました。
練習用フォークリフト、リーチインリフト各1台と休憩所及び夜間照明を備えており、運転技能の向上や競技大会などでご利用いただいております。
(2)
港湾労災防止協会四日市支部が主催する安全衛生教育講習会受講料の助成事業を継続してまいります。(受講料の半額を助成)
3. 福利厚生施設利用助成事業
(1)
シーパレス宿泊利用補助制度の継続
一般社団法人日本港湾福利厚生協会からの半額補助に加え、当協会からの補助を継続し利用促進に向けて取組んでまいります。
大人(中学生以上)一人につき
3,000円を補助
子供(3歳以上小学6年生以下)一人につき
1,500円を補助

以上

収支予算書

ページトップへ